北ミサイルは米本土狙える能力保有 韓国国防白書「相当な水準に達する」 (1/2ページ)

2015.1.6 20:35

 【ソウル=名村隆寛】韓国国防省は6日、2014年版の国防白書を発表し、北朝鮮による核弾頭の小型化能力が「相当な水準に達しているとみられる」と分析した。長距離弾道ミサイルに関しては、「米国本土を狙える能力を保有していると推定される」との文言が盛り込まれた。

 聯合ニュースによると、国防省関係者は「ミサイルに搭載できるほど核弾頭を小型化したとの情報はない」とし、搭載可能な核弾頭の製造にはさらなる技術の向上が必要との見方を示した。

 核兵器の製造が可能なプルトニウムについては「約40キロを保有していると推定」としつつも、数年前から量的変化はないとの見方を示した。

 また北部慈江(チャガンド)道など中国やロシアとの国境地域を警備するため、軍団級の部隊を新たに創設したことを明記。さらに、空軍を中心に兵力が約1万人あまり増えたとした。

日本に関しては、北朝鮮の核問題をめぐって…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。