韓国、竹島近海を「アシカ礁」と命名 日本公開の動画に対抗か

2015.1.7 20:30

 【ソウル=名村隆寛】韓国の国立海洋調査院は7日までに開いた国家地名委員会で、竹島(島根県隠岐の島町)近くの海域について、「カンチ(アシカ)礁」との名称を正式採用することを決めた。

 昨年末、日本の内閣官房の領土・主権対策企画調整室がネット上で公開した動画で、かつて竹島がアシカの繁殖地であり、日本人の漁場だったことなどを説明した絵本を読み聞かせて紹介したことへの対抗措置とみられる。

 韓国では、かつて竹島には数万頭のアシカが生息していたが、日本の朝鮮半島統治時代に無差別な乱獲により絶滅に追い込まれた、との主張がある。韓国は「アシカ礁」をはじめ、竹島近海の海域に11の名称をつけている。

 韓国外務省は6日、日本の動画公開について「重大な挑発」と批判し、日本政府に公開中止を要求した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。