米価下落対策に516億円 農水省 26年度補正予算案で農家の収益確保に対応  

2015.1.8 21:32

 農林水産省は8日、平成26年度補正予算案に米価の下落対策として計516億円を盛り込む方針を明らかにした。同日の自民党農林水産戦略調査会・農林部会合同会議で報告された。26年産米は平均取引価格の下落が続いている。コメの生産コスト削減支援などを中心に予算を配分し、農家の収益向上につなげる。

 米価の下落対策では、コメの生産コスト低減に向けた「稲作農業の体質強化緊急対策事業」に200億円を計上する。農機の共同利用や作期の異なる品種導入などに取り組む農家に補助金を支給する。

 飼料用米の利用拡大に向けた機械のリース導入支援に59億円を計上したほか、まとめて借り上げた農地を意欲的な生産者に貸し出す「農地中間管理機構」の本格稼働に向け、農地の出し手に対する協力金の交付などに200億円を充てる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。