韓国、14年若年層失業率 最悪9.0% 「多大な損失」と警鐘 (1/2ページ)

2015.1.21 07:02

 韓国は若年層の失業問題が深刻化している。同国統計庁によると、昨年の新規就業者数は53万3000人で12年ぶりの高水準を記録したものの、15~29歳の失業率は前年比1ポイント増の9.0%となり、過去最高を更新。全体の失業率3.5%を大きく上回った。現地英字紙コリア・タイムズなどが報じた。

 昨年の新規就業者は50歳以上の低賃金職への就業が多く、若年層についても7万7000人増と2000年以降で初の増加となったものの、契約期間1年以内の非正規職への就業が19.5%となるなど、同国は厳しい雇用情勢が続いている。

 経済協力開発機構(OECD)によると、韓国では非正規労働者のうち、1年後に正社員に登用される割合は11.1%。69.4%が非正規での就業を継続しており、19.5%が失業しているという。

就業意欲をも失いかねない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。