鉄道設備輸出額、昨年22.6%増

2015.2.13 05:00

 中国新聞社によると、昨年の中国の鉄道設備輸出額は前年比22.6%増の267億7000万元(約5145億円)だった。中国税関総署がこのほどウェブサイトで発表した。

 主な輸出先は東南アジア諸国連合(ASEAN)、アルゼンチン、オーストラリア、米国で、対ASEAN輸出額は前年比2.2倍の38億4000万元、対アルゼンチン輸出額は同45.9%増の34億5000万元、対オーストラリア輸出額は同40%減の33億5000万元、対米輸出額は同47.2%増の31億7000万元だった。

 これら4者への輸出額の合計は昨年の中国の鉄道設備輸出総額の51.6%を占めている。

 このほか、上位10位のその他の市場のうち、ブラジル、南アフリカ、エチオピアへの輸出額が倍増した。(RP=東京)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。