インド、銀行口座普及率が急増 貧困層向け政策奏功、99.7%に (2/2ページ)

2015.2.18 05:00

西部ムンバイにある民間銀行の現金自動預払機(ATM)に並ぶ親子。インドは金融システムの利用拡大を目指す(ブルームバーグ)

西部ムンバイにある民間銀行の現金自動預払機(ATM)に並ぶ親子。インドは金融システムの利用拡大を目指す(ブルームバーグ)【拡大】

 一方、地方部では銀行の支店から遠いため、手続きに行けないケースも多いとの声も上がっている。専門家は、実際に制度を有効に機能させるには口座を開設した銀行が担当者を派遣し、手続きや取引を行う必要があると指摘した。

 こうした手法は、銀行のコスト増大につながるとみられており、実現可能性は未知数とみられる。モディ首相の肝煎りで始まった貧困層の金融システム活用を確保するインドの試みは、今後、実際の運用面が課題となっていきそうだ。(ニューデリー支局)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。