一泊目だけ5つ星ホテルに泊まる中国人 フェイスブック自慢は何のため? (1/4ページ)

2015.3.8 06:00

 ソーシャルメディアがどこの業界でも話題の対象になる。旅行業界も例外ではない。

 「一泊目に5つ星ホテルに泊まり最高級のレストランで食事をする。それらの画像をソーシャルメディアに投稿し、友人たちに自慢ができたら、二日目から安いホテルに移って質素な食事をする。これがイタリアに来る中国人の観光客の一つのパターンとしてあるのですよ」

 先週ミラノでソーシャルメディアウィークが開催された。合計68のセッションが何か所かの会場で実施されたが、前述の発言は中国人の観光誘致を強みとするイタリアの旅行代理店の人によるものだ。高級ブランドのバッグを持っているのはもはやステータスにはならない。他の友人たちが経験していないことを、自分だけが経験していることがステータスになっていると説明する。

 「ご存知のようにフェイスブックは中国で使えません。だからイタリアに観光客を呼び込むためにも、中国のソーシャルメディアで流通しているコンテンツを追わないといけないのです」と強調していた。

社会階層や国によって自慢の内容が異なっていることを興味深く観察

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。