マイナンバーの預金口座への登録、3年後めど検討 麻生財務相

2015.3.10 10:30

 麻生太郎財務相は10日の閣議後会見で、平成28年1月に始まる社会保障と税の共通番号(マイナンバー)制度で、銀行の預金口座への登録の義務化について「3年くらいしたところで検討させていただこうかと思っている」との考えを明らかにした。

 マイナンバー制度は国民全員に番号を割り振って、個人の資産や所得を把握しやすくし、税や社会保障の手続きを効率的に行う仕組み。当初は年金給付や所得税の確定申告などの手続きで利用され、30年からは預金口座にも適用される。

 ただ、預貯金者が銀行に番号を告知するかどうかは任意だ。麻生財務相は「告知義務がなければ普及しないとの指摘は承知している」との見方を示しており、義務を課すかなど普及促進に向けた施策を31年1月ころから検討し始める。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。