乳幼児用粉ミルク市場、実質ゼロ成長に 高級ブランド順調、中小低迷で二極化 (1/2ページ)

2015.3.19 05:00

広東省広州市の輸入品販売店でイタリアブランドの粉ミルクを手に取る女性たち。中国の粉ミルク市場は、高級品と普及品の二極化が顕著になってきているという(中国新聞社)

広東省広州市の輸入品販売店でイタリアブランドの粉ミルクを手に取る女性たち。中国の粉ミルク市場は、高級品と普及品の二極化が顕著になってきているという(中国新聞社)【拡大】

 中国の乳幼児用粉ミルク市場について、米市場調査会社ACニールセンが作成した2014年のシェアランキングが発表された。ベビー用品店やスーパーマーケットなどの販売ルートにおけるランキングでは、上位10位のうち国内ブランドと外国ブランドが初めて同数となった。

 業界専門家によると、14年の粉ミルク販売量は全体的に減少。売上高では4.2%増だったが、例年の10~20%増という数字に比べると、インフレ要素を除けばほぼゼロ成長といえる。「08年に起きた有害物質メラミン混入事件以降で最悪の年だった」と同専門家は話す。

 ◆外資シェア低下

 ランキング上位3社はスイスの食品大手ネスレ傘下のワイス、米ミード・ジョンソン・ニュートリション、貝因美嬰童食品。13年にニュージーランド乳業大手フォンテラの乳製品がボツリヌス菌に汚染されているとして世界中で製品回収(リコール)が相次いだ問題の影響を受け、(原材料を同社から仕入れていた)仏ダノン傘下のデュメックスは前年の5位から10位に転落。代わって中国企業の黒竜江飛鶴乳業がランクインした。

 このほか内蒙古伊利実業集団(伊利)や広州市合生元生物制品(合生元)、雅士利国際集団(雅士利)が10位以内に入っている。

 市場占有率でみると、実店舗における外資系粉ミルクのシェアは下降している。13年に上位10位に入った外国ブランドのシェアは計約46%だったが、昨年には約41%に減少。一方、10位以内の国内ブランドのシェアは13年の28%から約30%に上昇している。

 ゼロ成長の原因について、この専門家は、一人っ子政策緩和の影響がまだ現れていないことや、主力市場である都市部で母乳育児の比率が急増していることを挙げている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。