【展望 経済成長とエネルギー】再生可能エネルギー最新事情(上) (6/9ページ)

2015.3.23 05:00

各国の電気料金の推移

各国の電気料金の推移【拡大】

  • 再エネ活用で先行するドイツだが、FITのほころびが目立ち始めている(写真提供=澤昭裕氏)

 --ドイツの再エネの課題は系統に移っているのですね

 「再エネは多ければいいというのは間違いです。再エネが多いと、時として安定供給を阻害することを忘れてはなりません。火力発電所などは、電力消費が少ないときは稼働を抑えて出力を調節できますが、お天気任せの再エネはそう簡単にはいきません。不要な電力をどこかに持っていかなければならない。これが再エネの大きなネックです。

 ドイツ北部は風力発電が主体で、事業者は固定価格買い取りのため、どんな状況であっても発電した電気を売ったほうが収益になるため、事業者が自ら抑制することはしません。これはFITという制度の問題です。ですから、ドイツでもFITは何度も制度が見直されているのです。それが欧州各国のエネルギー関係者のコンセンサスでした」

 ≪ドイツの再エネ導入はCO2削減が出発点≫

 --そもそもドイツが再エネの導入を進める目的は、脱原発にあったのでしょうか。

 「それは違います。脱原発は後から出てきた話です。現に10年末に原発の運転を延長するための法案が成立していますが、翌11年の福島第一原発事故で再び揺り戻されたのが実態です。00年の再エネ法の主たる目的は地球温暖化対策で、FITは二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスを削減するために導入された制度です。その後ドイツだけが脱原発にシフトしました。スペインでは原発は稼働していますし、イギリスでは新設もしています」

■【展望 経済成長とエネルギー】再生可能エネルギー最新事情(上)(PDF)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。