【展望 経済成長とエネルギー】再生可能エネルギー最新事情(上) (7/9ページ)

2015.3.23 05:00

各国の電気料金の推移

各国の電気料金の推移【拡大】

  • 再エネ活用で先行するドイツだが、FITのほころびが目立ち始めている(写真提供=澤昭裕氏)

 --ドイツはエネルギー安全保障をどのように考え、どういう方向を目指していくのでしょう

 「地球環境問題の観点では、天然ガスに移行したかったのですが、国内資源である褐炭(石炭)を活用せざるを得ませんでした。ただ、褐炭火力は環境に悪影響をもたらすため、『積極的に使いたい』という考えはないでしょう。天然ガスはバックアップ電源として使うため稼働率が悪く、しかも天然ガスはロシアからの輸入が3割を占めているという状況では安全保障上問題があります。

 ドイツには電源のオプションとしてガスと原発がないわけですから、褐炭を燃やすことと、他国にある余剰電力を活用していくスタイルを目指すしか手はありません。

 ドイツは脱原発でも電力を輸出しているではないか、という見方もありますが、決してそうではなく、再エネで一時的に余剰になった電力を他国に引き取ってもらっているのが実態です。つまり、EU全体で考えなければならない問題を、ドイツ一国だけを見て取り上げても、およそ問題の本質を見たことにならないのです。その上でコストをだれが負担するのかなどを含め、議論を深めなければならない。これは他ならぬドイツで指摘されたことです」

■【展望 経済成長とエネルギー】再生可能エネルギー最新事情(上)(PDF)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。