海洋観光 収入、旅行者4倍目標 インドネシア、手続き簡略など積極策 (1/2ページ)

2015.4.13 05:00

インドネシア有数の観光地バリ島のビーチ。約1万7000の島々からなる同国は、特色を生かした観光開発を目指す(ブルームバーグ)

インドネシア有数の観光地バリ島のビーチ。約1万7000の島々からなる同国は、特色を生かした観光開発を目指す(ブルームバーグ)【拡大】

 インドネシアはジョコ・ウィドド大統領が提唱する「海洋国家」構想のもと、観光でも海洋分野の発展を目指す。同国観光省は、2019年までに海洋分野の外国人旅行者数400万人、観光収入40億ドル(約4812億円)の突破を目指す方針を示した。14年の100万人、10億ドルから4倍増となる野心的な目標だ。現地紙ジャカルタ・ポストなどが報じた。

 アリフ・ヤフヤ観光相は、インドネシアの観光収入に対するクルージングや島嶼(とうしょ)観光といった海洋分野の割合が10%で、マレーシアの40%と比べて大幅に低いと指摘。今後5年で観光地開発や手続きの簡略化などの環境整備を進める考えを示した。

 具体的には、旅行者誘致や観光開発を優先的に進める国家観光戦略地区を現在の8カ所から19年までに25カ所に増やす。新たな地区には西ヌサ・トゥンガラ州モヨ島、マルク州バンダネイラ島、パプア州のチェンドラワシ湾やビアク島といった風光明媚(めいび)で知られる島嶼部を多く指定する方向だ。

 法制面では、現在3週間ほどを要するヨットの入港許可手続きを1週間に短縮するとともに、滞在許可期間を現在の6カ月から12カ月に延長する。入港許可手続きについては、将来的にオンライン化で1日への短縮を目指すとしている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。