農産・加工食品、輸出7%増 タイ15年予測、ASEAN需要拡大追い風

2015.4.17 05:00

タイ東北部ナコンラチャシマ県の鶏肉加工施設(ブルームバーグ)

タイ東北部ナコンラチャシマ県の鶏肉加工施設(ブルームバーグ)【拡大】

 タイは農産物・加工食品の輸出が拡大している。同国工業省の国家食品研究所(NFI)は、今年の農産物・加工食品の輸出額が1兆800億バーツ(約3兆9636億円)となり、昨年よりも7%増加すると予測する。東南アジア諸国連合(ASEAN)での需要の高まりなどが追い風になるとNFIはみている。現地紙バンコク・ポストなどが報じた。

 昨年の輸出額を国・地域別にみると、ASEANが2000億バーツで最大だった。次いで日本が1500億バーツ、米国が1300億バーツ、欧州が1200億バーツとなっている。

 NFIのペッチ所長は、今年は日本に加え、ASEANのなかでもフィリピン、ミャンマー、ラオス、インドネシア向けに、コメ、鶏肉、缶詰、冷凍食品などの輸出が加速するとの見方を示した。一方で、欧米向けの輸出は、経済の先行きが不透明なことなどから減少傾向にあるとしている。

 また、昨年は輸出額の6割が農産物で、残りの4割が加工食品だった。NFIは、今年の加工食品の割合を全体の5割に引き上げる計画で、輸出競争力の強化に向け加工食品の高付加価値化を図るため、食品業者が最新技術を導入できるようにするなど支援体制を整備する。

 同国政府も農業振興に注力する姿勢で、向こう5年間の農業改革に350億バーツを充てることを3月に明らかにした。主要輸出品目であるコメの品質や生産性の向上などに取り組むとしている。(シンガポール支局)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。