【データで読む】ASEAN自動車販売 20年には500万台に

2015.4.20 05:00

昨年9月のインドネシア国際モーターショー。同国などASEAN主要5カ国の自動車販売台数は2020年に500万台に膨らむ見込みだ=首都ジャカルタ(ブルームバーグ)

昨年9月のインドネシア国際モーターショー。同国などASEAN主要5カ国の自動車販売台数は2020年に500万台に膨らむ見込みだ=首都ジャカルタ(ブルームバーグ)【拡大】

 東南アジア諸国連合(ASEAN)主要国(ASEAN5)の自動車販売台数は、足元ではベトナムやフィリピンが堅調に増加しているが2大自動車市場であるタイとインドネシアが大幅に減少している。

 タイは、政局の混乱や新車購入補助金制度(ファーストカー購入支援策)の終了による反動減などの影響で、2013年央以降、前年比で3割前後の減少が続く。また、インドネシアは、金利上昇や燃料補助金の削減などを背景に、14年央以降、前年比で減少に転じている。

 一方、ASEAN5では今後、人口や1人当たり国内総生産(GDP)が増加し、自動車の普及拡大が見込まれている。中期的にはASEANの自動車販売台数は、タイとインドネシアを中心に増加し、20年には500万台に迫ると予想される。(編集協力=日本政策投資銀行)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。