米ドル覇権を脅かす人民元国際化 中国がカナダへ食い込む理由 (1/5ページ)

2015.4.26 07:07

 中国が人民元の国際化を加速し、世界経済での米ドルの覇権を脅かしている。米国の裏庭であるカナダに初めて人民元の決済拠点を設立し、国際通貨基金(IMF)には基軸通貨への採用を強く促している。中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)とも連携した動きで、国際金融秩序を切り崩し、中国の存在感を高める思惑がみてとれる。

 米国にショック

 カナダ経済の中心で北米でも屈指の経済都市であるトロント。市内の国際会議場に3月23日、カナダと中国の著名な金融関係者らがずらりと顔をそろえた。

 中国の4大国有銀行の一角で、最大手である中国工商銀行(ICBC)が、北米初となる人民元の決済拠点をトロントに設立し業務を始めたことを祝う式典に出席するためだ。カナダと中国人民銀行(中央銀行)は昨年11月、自国通貨を融通し合う通貨交換(スワップ)協定を締結。今回のカナダでの決済拠点設立もその一環である。

 中国は資本と金融の取引を厳格な管理下に置いており、もちろん人民元も例外ではない。

「人民元取引のハブ(中心拠点)を手にしたカナダは…」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。