印、再生可能エネの発電容量拡大

2015.5.13 05:00

西部マハラシュトラ州の風力発電施設。インドは再生可能エネルギー分野への投資が加速している(ブルームバーグ)

西部マハラシュトラ州の風力発電施設。インドは再生可能エネルギー分野への投資が加速している(ブルームバーグ)【拡大】

 インドで再生可能エネルギーの発電容量が拡大している。新・再生可能エネルギー省によると、2014年度(14年4月~15年3月)は、当初目標を8.5%上回る409万キロワットが追加された。同国政府が再生可能エネ導入を推進するなか、今年はさらに発電容量が増える見通しだ。現地紙ビジネス・ラインなどが報じた。

 新たに増えた発電容量を電源別にみると、風力発電が231万キロワット、太陽光発電が111万キロワットなどだった。これに伴い、同国の再生可能エネの発電容量は3578万キロワットに拡大した。内訳は、風力発電が全体の66%で2344万キロワット、小規模水力発電が11%で406万キロワット、太陽光発電が10%で374万キロワットなどとなっている。

 今年の見通しについて、同国風力タービン製造者協会の会長は、発電施設の新設などにより風力発電は300万キロワットの容量拡大が見込まれるとの見解を示した。太陽光も300万キロワット増強される見通しだ。

 同国は再生可能エネ分野への投資も加速しており、国際的なエネルギー市場調査会社ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスによると、今年1~3月の同分野への投資額は前年同期比59%増の16億ドル(約1923億円)に達した。今年の投資総額は100億ドルを超えると同社は予測する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。