大崎、先端オフィス街へ変貌加速 住宅開発や交通改善も追い風 (1/5ページ)

2015.5.25 06:45

完成したパークシティ大崎(中央)。左に流れるのが目黒川。右上のビル解体現場がソニー本社跡地(三井不動産提供)

完成したパークシティ大崎(中央)。左に流れるのが目黒川。右上のビル解体現場がソニー本社跡地(三井不動産提供)【拡大】

 ■【東京2020 国際都市への挑戦】122万平方メートル完成、新規もめじろ押し

 かつては地味な工場街

 JR山手線の駅では地味な存在で、かつては工場街だった大崎駅周辺が、職住近接の先端オフィス街に変貌している。駅東側の「パークシティ大崎」が今月竣工(しゅんこう)し、2002年に都市再生緊急整備地域に指定された大崎駅周辺地区約60ヘクタールの再開発事業が完成。さらに近隣で新規の再開発計画もめじろ押しだ。大崎駅からりんかい線経由で羽田空港と直結する羽田空港アクセス線構想も浮上し、一層の発展が期待されている。

 「東京の都市再生で最も変化した地域は丸の内や日本橋ではなく大崎だろう」

 元東京都副知事で明治大学大学院教授の青山●(やすし)氏は感慨深げにそう語る。かつて大崎駅は山手線29駅の中で乗降客数が鶯谷駅に次いで2番目に少なかっただけに、都民でも大崎駅周辺の変貌ぶりを知らない人は多い。

 東京都が大崎を新宿、渋谷、上野などと並ぶ“7副都心”の一つに位置付けたのが33年前。政府の都市再生緊急整備地域に指定された13年前から再開発が本格化し、このときに計画された17事業(開発面積約33ヘクタール)が今年9月に全面開業するパークシティ大崎でようやく完成を迎える。

坪単価360万円超という高級マンションが、すぐに完売する人気ぶり

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。