訪日促進、インドやロシアなど6カ国追加 観光庁が重点強化へ (1/2ページ)

2015.6.4 06:03

中国からの団体客らでにぎわう免税店=東京・銀座

中国からの団体客らでにぎわう免税店=東京・銀座【拡大】

 2020年に訪日観光客を2000万人に増やす目標の実現に向け、観光庁が新たな需要の掘り起こしに取り組んでいる。ビザ(査証)の発給要件の緩和などで訪日需要の伸びが見込めるベトナムとフィリピン、インド、ロシア、イタリア、スペインの6カ国を、誘客活動を重点的に強化する「プロモーション市場」の対象に今年度から追加。また、地方への誘客や訪日時期の分散化を図ることで訪日客の拡大につなげたい考えだ。

 追加した6カ国はビザの要件緩和や航空直行便の運航、各周辺国で訪日需要が大きいことなどを勘案して選んだ。既に対象としている韓国や中国、台湾、米国、英国など14カ国・地域と合わせ、訪日旅行の促進を図るプロモーション市場は計20カ国・地域となった。

 6カ国のうち、ベトナムとフィリピンは昨秋からビザが実質的に緩和され、日本の地方都市を結ぶ直行便が運航している。イタリアとスペインは周辺国から桜の開花や紅葉の時期に訪日客が多いことから一段の需要開拓が可能と判断。インド、ロシアは海外旅行が増えることを見据え、売り込みを強化する。

プロモーション活動は具体的には各国の旅行展示会への出展のほか…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。