【高論卓説】ギリシャいよいよ窮地 「ドラクマ復活でユーロ離脱」現実味 (1/3ページ)

2015.6.17 09:00

 ギリシャと欧州の協議は、双方平行線であり全くと言ってよいほど進んでいません。今月5日の国際通貨基金(IMF)への返済は、月末の一括払いに変更申請を行うことで乗り切りましたがトロイカ〈欧州連合(EU)、欧州中央銀行(ECB)、IMFの連合体〉の支援協議がまとまらない限り、その支払いは不可能です。

 そして、たとえ今月を乗り切ったところでECBが保有する7月20日の35億ユーロ(約4870億円)、8月20日の32億ユーロの国債償還ができるわけもなく、デフォルト(債務不履行)するしかない状況です。

 では、合意期限はいつかということになりますが、返済が6月末であり、合意には欧州各国の議会承認などを必要とするため、今月中旬の合意が必要とされています。

 しかし、11日のギリシャ債務協議では、交渉のテーブルについていた当局者が合意の可能性なしとして全員帰国してしまったことが報じられました。

14日の協議もわずか45分で終了…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。