GS給油、隣接のコンビニ店員が対応 廃業歯止めへ「駆けつけ型」実証実験 (1/2ページ)

2015.6.23 06:35

車離れなどを背景にガソリンスタンドの経営は苦しい(ブルームバーグ)

車離れなどを背景にガソリンスタンドの経営は苦しい(ブルームバーグ)【拡大】

 消防庁は22日、石油業界と協力し、ガソリンスタンド(GS)に隣接する小売店の従業員が給油客に対応する「駆けつけ型GS」の実証実験を、今秋にも始める方針を固めた。GSは、給油時に危険物取扱者の立ち会いが義務付けられており、資格者の確保や人件費の負担が廃業の理由の一つになっている。消防庁と業界は実験を通じて隣接店の従業員の兼務でも安全運営できる態勢を探り、廃業に歯止めをかけたい考えだ。

 実験は、今年度内に最大約10カ所で行う。業界団体の全国石油商業組合連合会などが協力する。GSに従業員を常駐させず、隣の農協やコンビニエンスストアなどに危険物取扱者の資格を持つ従業員を置く。車がGSに来たときの従業員への情報伝達方法を検証するほか、監視カメラやインターホン、センサーといった機器をどう組み合わせれば効率的か、複数のパターンで調べる。GSに駆けつけるまでの安全確保策や、従業員が簡単、確実に給油できる方法も検討する。

GSの経営は苦しく、廃業が相次いでいる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。