ギリシャ危機、IMFへの債務返済せず 先進国初の延滞国に (1/2ページ)

2015.7.1 08:20

 【ベルリン=宮下日出男】財政危機に陥ったギリシャに対する欧州連合(EU)の金融支援が7月1日午前0時(日本時間同日午前7時)、失効した。同時に返済期限を迎えた国際通貨基金(IMF)に対する約16億ユーロ(約2200億円)の債務も返済がなされず、IMFは同国を「延滞国」とすると発表した。ギリシャは事実上のデフォルト(債務不履行)状態となった。

 ギリシャへの金融支援が失効するのは、2010年の開始以来初めて。また、経済協力開発機構(OECD)加盟国であるギリシャが遅延国となるのは異例だ。財政が逼迫するギリシャの資金調達は一段と苦しくなる。

 IMFは延滞国のギリシャに対し、返済がなされるまで新たな融資は行わないとした。ギリシャから期限延長の要請もあり、今後、理事会に報告するとした。現在、IMFが遅延国とするのはスーダンとソマリア、ジンバブエの3カ国。

ギリシャの新支援要請を受けて緊急の電話会合を開催したが…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。