バブル再来?NYが熱い! 中国の隙を突き…日系不動産が開発ラッシュ (1/5ページ)

2015.7.5 17:12

三井不動産が米マンハッタンで開発するビルのイメージ

三井不動産が米マンハッタンで開発するビルのイメージ【拡大】

 日本の不動産大手が欧米での開発を加速している。三井不動産がニューヨークやロンドンで過去最大規模の開発に着手し、東急不動産や三菱地所も大型案件を表明。国内市場は先細りだが、欧米は緩やかな景気回復で市況が上向いている。海外市場では中国資本が勢いを見せつけているが、バブル期に巨額投資で世界を驚かせた日本も存在感を増しつつある。

 マンハッタン沸く

 高級ホテルや一流企業のオフィスが立ち並ぶ、ニューヨークのマンハッタン地区。その一角に新たに名を刻む高層ビル「425パーク・アベニュー」の着工式が6月10日、行われた。

 地上47階建てで総事業費は11億ドル。2018年の完成を目指す。事業を主導するのは米デベロッパーで、10年近く前からプロジェクトは進行していたが、リーマン・ショックで事実上頓挫。米景気がようやく立ち直り、パートナー探しを進めたところ、日本から東急不動産が子会社を通じて参画を表明。止まっていた時計の針が一気に動き出した。着工式には、東急不動産の植村仁社長も晴れやかな表情で姿を見せた。

三井不動産も今年1月、やはりマンハッタンで…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。