比、観光収入80億ドル目指す 外貨獲得や雇用促進で成長後押し

2015.7.8 05:00

フィリピン・ルソン島南部レガスピの空港で旅客機に搭乗する旅行者(ブルームバーグ)

フィリピン・ルソン島南部レガスピの空港で旅客機に搭乗する旅行者(ブルームバーグ)【拡大】

 フィリピンは観光振興を加速する。同国観光省は2016年までに60億~80億ドル(約7363億~9817億円)の観光収入を目指す。外貨獲得や観光業での雇用促進で経済成長を後押しすることが目的だ。現地紙マニラ・タイムズなどが報じた。

 ラモン・ヒメネス観光相は、観光収入は10年の30億ドル未満から順調に伸びているとし、16年の60億ドル達成に自信を示した。また、外国人旅行者数は16年に1000万人突破も不可能ではないと同相はみている。4月に同国を訪れた外国人旅行者は前年同月比9%増と拡大し、東南アジア諸国連合(ASEAN)の平均6%よりも高い水準だと指摘した。

 また、観光省は観光業の雇用件数が16年に500万件を超えるとみており、同国の雇用総数における観光業の割合を現在の4.7~4.8%から16年には9、10%に引き上げたいとしている。

 ただ、同国の14年の観光収入は47億ドルで目標の46億ドルを上回ったものの、外国人旅行者数は政府目標の650万人には届かず500万人にとどまった。空港などの観光関連インフラ整備の遅れが主な要因とされる。

 同国政府は、旅行者数の拡大に向けて、同国の空の玄関口であるニノイ・アキノ国際空港(マニラ)の拡張をはじめ、地方空港の開発に注力するなどインフラ整備を推進する。加えて、中東諸国などから訪れる富裕層の旅行客誘致も加速させる方針だ。さらに、同国にはまだ知られていない観光地が多数あることから、自然や歴史文化などの魅力を伝えるエコツーリズムの推進など、新たな観光地の開拓にも着手する。(シンガポール支局)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。