ミナミの超一等地で「地上げ」 “史上最大”の取引にトラブル勃発 (5/7ページ)

2015.7.12 07:03

旧大阪市立精華小学校跡地の隣接地地上げの仕組み

旧大阪市立精華小学校跡地の隣接地地上げの仕組み【拡大】

  • 更地になったまま再開発計画が止まっている旧大阪市立精華小学校跡地。隣接地で地上げが繰り広げられた=大阪市中央区(本社ヘリから)

 跡地開発の頓挫で…

 ところがS社は、K社が地上げする隣接地を高く買わされることを警戒。道路に面した別の隣接地をK社を介さずに26年8月末に取得した。このためS社は、K社とJ社が関与する土地を買い取る必要がなくなった。

 さらにS社は跡地の共同開発を持ちかけた中堅スーパー(大阪市)との間で昨秋から資金トラブルとなり、再開発計画はいったん頓挫した。

 これらの結果、S社へ隣接地を再転売する当てが外れることになったJ社は今年2月、「跡地と隣接地の一体開発の合意という前提が成就していないため、売買契約は無効」としてK社に支払い済みの手付金の返還を要求した。

 これに対しK社は返還を拒否。逆に「J社が決済期日を守らなかった」ことを理由に違約金の支払いを求めて大阪地裁に提訴した。

 ただ、K社は隣接地2物件の各所有者と売買契約を結んだだけで、実際には2物件を所有していない。関係者によると、K社と各所有者が結んだ売買契約は、1物件は白紙になったが、もう1物件は今月中旬に決済し、K社が所有権を得る契約内容だという。

J社は「K社が履行不能な契約に基づいて手付金をだまし取り…」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。