再生可能エネ発電市場、20年度に46%減 富士経済が予測

2015.8.14 06:16

 調査会社の富士経済は、太陽光パネルをはじめとする再生可能エネルギーの発電システム市場が2020年度に14年度比46.1%減の1兆9665億円まで縮小するとの予測をまとめた。急速に普及が進んだ太陽光で大規模な投資案件が一巡するうえ、出力抑制の増加などで低圧から中規模(出力10~500キロワット程度)の案件も減少すると見込む。

 14年度の市場規模は太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスの5分野で3兆6487億円。なかでも今後、新設が本格化する風力、水力、地熱の3分野は堅調に伸びる見込みだ。

 一方、政府は市場の9割超を占める太陽光への「偏重」を解消するため、固定価格買い取り制度の買い取り価格引き下げや、出力の抑制を図っており、事業環境は急速に悪化している。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。