タジキスタンと通貨スワップ協定調印

2015.9.11 05:00

 中国新聞社によると、中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁はこのほど、招きに応じてタジキスタン国立銀行(中銀)を訪問するとともに、同行のヌルマフマドゾダ総裁と30億人民元(約564億9000万円)/30億ソモニ規模の2国間通貨スワップ協定に調印した。中国人民銀行がウェブサイトで明らかにした。

 中国新聞社は「これは2国間の貿易と投資を促進し、地域の金融の安定を擁護することを旨とするものである。スワップ協定の有効期間は3年で、双方の同意を経て期間を延長できる」と伝えた。(RP=東京)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。