中国とジョージア、通貨スワップ協定に調印

2015.10.1 05:00

 中国新聞社によると、中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は9月26、27の両日、ジョージア(グルジア)のトビリシで開催された第34回中央アジア・黒海・バルカン半島中央銀行総裁会議に出席した。会期中、周総裁とカダギゼ・ジョージア国立銀行総裁は2国間通貨スワップ枠組み協定に調印し、2国間の通貨協力を強化し、2国間の通貨決済を推進し、両国の貿易および投資の円滑化を促進するために、2国間の通貨スワップ計画を策定する意向を示した。中国人民銀行ウェブサイトが明らかにした。

 会議では、世界および地域の経済情勢や米ドルの発展途上国に対する影響などの問題について突っ込んだ議論が行われたという。(RP=東京)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。