【専欄】新築マンション欲しさに偽装離婚 やがて復縁の予定も、夫は愛人を作り… (1/3ページ)

2015.11.5 06:16

 物価高が喧伝(けんでん)される中国だが、なかでも不動産価格の高さは群を抜く。

 「中国一不動産が高い都市」と言われる深センでは、今年7月、新築住宅価格は1平方メートル当たり3万3698元(約64万5300円)で、前月比7.84%の上昇となった。深センで新築住宅購入には、22年分の収入が必要になるらしい。

 そのうえ不動産購入には、各種の経費がかかる。高い税金もそのひとつで、税金逃れのために偽装離婚が急増したことは日本のメディアでも報じられた。

 2013年の事だった。中国政府は不動産価格抑制のため、1世帯が2戸以上の不動産を所有している場合、売却益の20%を税金として徴収する政策を導入したのである。

 20%の税金は高い。しかし離婚すれば1人1戸となり、税金を払わずに売却できる。その後復縁すれば、結果非常にお得に、現金を得ることができるというわけだ。

何年か後に、復縁すればいい。夫婦は離婚を決断した

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。