“パクリ商品”放置の中国アリババ 出てくる出てくる疑惑商品の数々 (1/6ページ)

2015.11.8 17:14

タオバオでおびただしい種類が販売されている「cucci」ブランドの商品。

タオバオでおびただしい種類が販売されている「cucci」ブランドの商品。【拡大】

 “サノケン”こと佐野研二郎氏のデザインによる五輪エンブレム問題をはじめとした一連の騒動もあり、パクリ文化で先頭を走る中国、韓国の問題を追及するには唇寒しの感も出てきた今日このごろ…。

 でも、やはりこれは“アウト”です。何って、株式時価総額が20兆円を超える中国有数の企業で、3億6000万人以上の中国人が利用しているという世界最大級の電子商取引サイトを運営する中国アリババのことだ。過去にも数々のパクリ商品の販売で非難されてきた同社だが、度重なる偽物排除の努力や昨年のニューヨーク市場上場もあり、すっかり心変わりしたと誰もが信じてきた。

 しかし、蓋を開ければ今でも出てくる出てくる疑惑商品の数々。米国当局が一度は指定を取り消した「知的財産侵害(模倣品)市場リスト」(いわゆるブラックリスト)の再指定もささやかれており、仮にそうなれば、上場維持が危ぶまれる事態も想定されそうだ。

 米アップル、あの名品の偽物の偽物まで登場?

 「話のネタにはいいよね」

 「なかなか笑える」

こう日本のネット上でも“好評”なのが…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。