性能限定的でも満足? 韓国から戦闘機導入したフィリピンの軍備事情 (1/3ページ)

2015.12.1 19:00

クラーク空軍基地に到着したFA50戦闘機=28日、フィリピン・ルソン島(共同)

クラーク空軍基地に到着したFA50戦闘機=28日、フィリピン・ルソン島(共同)【拡大】

  • クラーク空軍基地に到着したFA50戦闘機を出迎えるフィリピン軍関係者ら=28日、フィリピン・ルソン島(共同)
  • クラーク空軍基地に到着したFA50戦闘機=28日、フィリピン・ルソン島(共同)

 【シンガポール=吉村英輝】フィリピンが軍備の増強を急いでいる。自らが領有権を主張する南シナ海の環礁で中国が人工島を造成するなど軍事的圧力を強めている事態に対応するためだ。ただ、冷戦終結に伴い米軍がフィリピンから撤退後、同国の海軍力整備は地域で最も遅れているとされ、米軍や日本にさらなる支援を求めている。

 ルソン島のクラーク空軍基地に11月28日、フィリピンが韓国から購入したFA50戦闘機2機が到着した。2017年までに計12機が納入される。総額は189億ペソ(約492億円)だ。

 引き渡し式に参加したガズミン比国防相は「超音速の時代に戻れ、満足している」と述べた。同国軍は、05年10月にF5戦闘機を退役させて以降、新たな戦闘機を保有せず、軍事費は主に南部のイスラム武装勢力対策に投じられてきた。

一方、中国は南シナ海の人工島に飛行場を建設し…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。