韓国の家計債務、増加幅最大 「手の付けられない状態になる」と危惧する声も (1/2ページ)

2015.12.2 06:31

人でにぎわう韓国の首都ソウルの繁華街。同国は家計債務問題に対する危機感が高まっている(ブルームバーグ)

人でにぎわう韓国の首都ソウルの繁華街。同国は家計債務問題に対する危機感が高まっている(ブルームバーグ)【拡大】

 韓国は、各世帯の借金の増加が続いている。韓国銀行(中央銀行)によると、同国の地場銀行が世帯向けに貸し付けた融資残高は今年10月末に624兆8000億ウォン(約66兆4160億円)となり、前月比で9兆ウォン増加した。2008年の統計開始以降で最大の増加幅だ。現地紙コリア・ヘラルドなどが報じた。

 10月の増加幅は08年4月の8兆5000億ウォンを上回り過去最高。住宅ローンが前月比7兆ウォン増と急速に膨らみ、この分野の融資残高は累計で465兆1000億ウォンとなった。中銀が5カ月連続で政策金利を1.5%の低水準に据え置いていることなどが融資残高拡大の要因とされる。

 ここにきて、米国の利上げ観測が強まっていることが韓国でも不安視されている。専門家は、米国の利上げ後に韓国銀行も追随して利上げに踏み切った場合、韓国の家計債務問題が「手の付けられない状態」になる恐れがあると指摘した。内需がしぼみ輸出不振にあえぐ同国経済への打撃が計り知れないと危惧している。

中銀は何らかの対策が必要との認識

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。