ベトナム、15年は貿易赤字見通し 輸出製品向け部品などの輸入拡大

2015.12.17 05:00

ベトナム南部ブンタウ港でコンテナ積み降ろし作業中の貨物船(ブルームバーグ)

ベトナム南部ブンタウ港でコンテナ積み降ろし作業中の貨物船(ブルームバーグ)【拡大】

 ベトナムは今年、4年ぶりに貿易赤字となる見通しだ。輸出製品向けの部品などの輸入拡大が主な要因で、経済活動が活発化している証しとの見方もある。同国政府は今年通年の貿易赤字額について、輸出額5%未満という目標に収まると見込む。国営ベトナム・ニューズなどが報じた。

 同国統計総局(GSO)によると、今年1~11月の貿易収支は、輸出額が前年同期比8.3%増の1487億ドル(約18兆970億円)、輸入額は同13.7%増の1525億ドルで38億ドルの赤字だった。

 同期の輸出額をみると、外資企業による輸出額が13.5%増の1051億ドルに達した。さらに外資企業の輸出額を輸出品目別にみると、携帯電話・部品が29.6%増の285億ドル、コンピューター・電子製品が38.2%増の143億ドル、繊維・縫製品が9.1%増の207億ドルなどとなっている。

 また、輸入も外資企業による輸入額が18.1%増の902億ドルに急伸した。GSO幹部は、輸出製品向けの生産設備品や関連部品の輸入が急増していると指摘する。機械・設備類は25.7%増の253億ドル、携帯電話部品は29.7%増の101億ドルだった。

 同国は、2016年の国内総生産(GDP)成長率目標を6.7%に設定するなど経済好調が予測され、当面、外資企業による輸出増が成長を後押しする構図が続く見通しだ。16年についても、輸出額は15年比で10%増、貿易赤字を輸出額の5%未満に抑制するなど、今年と同様の目標を掲げている。(シンガポール支局)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。