インドネシア、11月は地方部の購買力低下 収入、物価上昇に追いつかず (1/2ページ)

2015.12.28 07:35

 インドネシアは、地方部の農業従事者の購買力が低下している。同国中央統計局(BPS)によると、11月の1日当たりの収入は4万6881ルピア(約413円)で、前月に比べて0.17%増加した。しかし、物価変動を加味した実質収入では3万7822ルピアとなり、前月比0.25%の減少となっている。インフレが加速したことなどが要因だ。現地紙ジャカルタ・ポストなどが報じた。

 BPS幹部は、同月の前月比インフレ率が都市部では0.21%だったのに対し、地方部が0.43%だったと指摘。地方の農業従事者の収入は上昇したものの物価上昇ペースには追いつかず、実際の購買力は低下したとの認識を示した。

 同幹部によると、地方部のインフレが加速しているのは、アクセスの悪さなど全国にモノが行き渡っていないのが要因。一部の商品では収入の少ない地方部が価格で都市部を上回っているケースもあるという。

 同幹部は、地方部でこれ以上の購買力低下を食い止めるために、政府が物資の流通と供給の地方格差を改善する努力をする必要があるとの見解を示した。

その一方で、地方部でも一部の職種では収入が上昇した

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。