来年の金相場、新興国需要がカギ 中国で官民“爆買い”…上昇推進力に (1/4ページ)

2015.12.31 06:34

国内では分散投資の運用先として金を売買する個人も多い=東京都中央区のギンザタナカ銀座本店

国内では分散投資の運用先として金を売買する個人も多い=東京都中央区のギンザタナカ銀座本店【拡大】

 「貯蓄から投資へ」の動きが加速する中、安全資産として知られる金に魅力を感じる投資家が増えている。9年半ぶりとなる米国の利上げや、中国やインドによる金の爆買い、テロの拡大懸念など市場環境が目まぐるしく変化する中、2016年の金相場はどうなるのか。

 足元の金国際価格は米ニューヨーク市場で1トロイオンス=1000ドル台と、欧州債務危機まっただ中の10年以来の低水準だ。

 15年の金相場を振り返ると、1月のスイス・フランの対ユーロ上限撤廃や8月の中国人民元切り下げなど、世界の金融市場に大きなショックが広がった局面では、リスクを避けたい投資家が金を買う動きが目立ったものの、全体としては売られやすい1年だった。米国の利上げ観測がくすぶり続け、金利を生まない金から、ドル建て資産などに投資マネーが流出していったからだ。

 特に、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が11月上旬、年内利上げを示唆する発言をしたのをきっかけにニューヨーク市場の金相場は売りが優勢となった。

「中国やインドの投資需要は今の勢いが続くとは考えにくい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。