波乱の大発会 東京株582円安 中国・中東リスク直撃! (1/3ページ)

2016.1.4 20:58

晴れ着の女性などが参加して行われた日本取引所グループ(JPX)の大発会=1月4日午前、東京都中央区の東証(早坂洋祐撮影)

晴れ着の女性などが参加して行われた日本取引所グループ(JPX)の大発会=1月4日午前、東京都中央区の東証(早坂洋祐撮影)【拡大】

 今年最初の取引となる大発会を迎えた4日の東京株式市場で、日経平均株価は大幅反落。昨年末の終値比582円73銭安の1万8450円98銭で取引を終えた。大発会での下落は3年連続で、終値としては平成20年(616円37銭安)に次いで過去2番目の下げ幅となった。東証1部に上場する銘柄の88%が値下がりし、一時は639円安まで値を下げた。

 また、中国・上海と深●(=土へんに川)の株式市場は4日、主要300銘柄で構成する「CSI300指数」が昨年末の終値比で7%超も急落し、取引を緊急停止する「サーキットブレーカー」を発動した。午後1時半(日本時間同2時半)過ぎに株式や転換社債などの取引を全面停止した。昨年の上海株急落を教訓に、相場の急変動に歯止めをかける措置で、同日が導入初日だった。

 中国製造業の景況感を示す指標の悪化に加え、サウジアラビアとイランの国交断絶などから、香港やシンガポール市場も下落。欧州市場も主要株価指数が軒並み下落して始まった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。