麻生氏「1億総活躍実現に重点」 財政演説で補正早期成立求める

2016.1.4 18:18

衆院本会議で財政演説を行う麻生太郎財務相=4日午後、国会・衆院本会議場(斎藤良雄撮影)

衆院本会議で財政演説を行う麻生太郎財務相=4日午後、国会・衆院本会議場(斎藤良雄撮影)【拡大】

 麻生太郎財務相は4日、衆院本会議での財政演説で、安倍晋三政権が掲げる「1億総活躍社会」の実現に向け「希望出生率1・8や、介護離職ゼロに直結する政策に重点的に取り組む」と表明した。その上で保育や介護施設の整備費などの対策に約1・2兆円を計上した平成27年度補正予算案の早期成立を求めた。

 麻生氏は足元の経済情勢について、「デフレ不況から脱却しつつある」と強調。「今こそ少子高齢化という構造的課題に取り組み、経済の下ぶれリスクにも適切に対応しつつ、『強い経済』の実現に向けた歩みを確固たるものにする」と力を込めた。

 また、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の大筋合意を受け、補正予算案に国内農業の体質強化策を盛り込んだことを踏まえ「効果を経済再生、地方創生に直結させ、国民の不安を解消せねばならない」と述べた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。