日銀「勝負の年」…黒田総裁が連合の会合で初あいさつ「賃上げを!!」 (1/2ページ)

2016.1.5 20:58

連合2016新年交歓会で挨拶する日銀の黒田東彦総裁=5日、荒川区(大西正純撮影)

連合2016新年交歓会で挨拶する日銀の黒田東彦総裁=5日、荒川区(大西正純撮影)【拡大】

 労働組合の中央組織・連合が5日開いた新年交歓会に日銀の黒田東彦(はるひこ)総裁が出席してあいさつし、「労働者側に(賃上げの)強い追い風が吹いている」と訴えた。金融政策を担う日銀総裁が連合の会合であいさつするのは初めて。企業が賃上げを抑制すれば、個人消費は回復せず、低迷する物価の反転上昇は遠のく。総裁の労組に対する異例のエールは今年の賃上げが日銀の大規模金融緩和の成否を決するとの危機感をあらわしているともいえそうだ。

(藤原章裕)

 日銀総裁と経団連会長は昨年、連合の新年交歓会に初めて出席。今年は黒田総裁が「物価と賃金は連動して上下する。物価の上昇に見合った賃金の上昇は日本経済の持続的な成長に不可欠。それぞれがやるべきことをしっかり果たしましょう」と賃上げの実現に向けて労組側に発破を掛けた。

 連合の神津里季生会長も「大規模緩和には是非論があるが、私たちはもうそこに踏み出している。デフレ脱却を日銀だけに任せていいはずがない。すべての経営者はこのことをひとごとと考えてほしくない」と同調した。連合は今春闘でベースアップ(ベア)と定期昇給分を合わせ4%程度の賃上げを求める方針だ。

 原油安で物価が伸び悩む中、日銀は29日に公表する経済・物価情勢の展望(展望リポート)で平成28年度の物価見通しを従来の1.4%から1%程度へ下方修正する公算が大きい。「28年度後半ごろ」とする2%の物価上昇目標の達成も難しくなりつつある。

 ただ、食料品など日用品価格は上昇が続くため、日銀は「賃上げが小幅にとどまれば、消費者は財布のひもをかたくしてしまう」と懸念する。連合への異例のエールは、「賃上げムードを盛り上げる日銀の奇策」(外資系証券エコノミスト)とみられる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。