中国リスク再燃 未熟な市場、世界同時株安引き金 「強権だけでは制御できない」 (3/3ページ)

2016.1.8 07:17

取引が全面停止され、北京の証券会社で仮眠を取る個人投資家=7日(共同)

取引が全面停止され、北京の証券会社で仮眠を取る個人投資家=7日(共同)【拡大】

 一方、中国人民銀行(中央銀行)が7日発表した外貨準備高で、昨年12月は単月で過去最大の1079億ドルの減少となった。ドル売り元買いによる市場介入が原因とみられる。だが7日の上海市場では元の対ドル相場が2011年2月以来の安値に下落。元安に歯止めがかからない展開だ。

 金融市場の自由化や人民元の国際化を推進してきた習近平指導部ながら、「政権の強権だけでは株式や為替の市場をコントロールできないことを年明けから思い知らされた」(アナリスト)との指摘がある。19日には2015年の国内総生産(GDP)統計が発表されるが、政府目標だった成長率7・0%を下回ったことが確認されれば、株式も為替も「中国売り」が市場で加速するのは必至だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。