上海株、一時3000割れ 終値は小幅高

2016.1.12 18:33

 12日の上海株式市場は、代表的な指数である総合指数が3000の大台を一時割り込むなど不安定な値動きとなった。前日の終値を挟んで終日もみ合う展開となり、前日終値比0・2%高の3022・86で取引を終えた。

 取引時間中に3000を割り込んだのは昨年9月中旬以来、約4カ月ぶり。市場関係者によると、中国経済の先行きへの懸念が消えず、投資家心理が改善していない。

 前週末比5%超安で取引を終えた11日の流れを引き継ぎ、12日は総合指数が一時2978・46まで下落。その後、割安感の出た銘柄を買う動きが出たほか、下落要因の一つだった人民元の先安観にやや歯止めがかかったことが買い材料となった。

 他の主なアジア市場の株価は下落。香港のハンセン指数は0・9%安、台湾の加権指数が0・3%安だった。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。