青森、北海道新幹線で函館への観光客流出懸念 終着駅から通過駅に (1/3ページ)

2016.1.12 07:50

2016年3月に開業する北海道新幹線で活躍するH5系車両(JR北海道提供)

2016年3月に開業する北海道新幹線で活躍するH5系車両(JR北海道提供)【拡大】

 北海道新幹線の新青森-新函館北斗が3月26日に開業する。青森県にとって2002年の東北新幹線八戸延伸、10年の東京-新青森の全線開通に続く「第3の開業」で、青函交流の活性化に期待が高まる。一方、終着駅でなく通過点となることで「観光客が函館に流れる」との懸念も出ており、地元は開業効果に気をもんでいる。

 「今年は青森の持てる力を発揮すべき年。訪れてよしの青森県を実感してもらえるよう、しっかり準備したい」。三村申吾青森県知事は4日の記者会見で意気込みを述べた。

 青森と函館が最短1時間弱で結ばれるのを好機として、県は「津軽海峡交流圏」をPRし、観光客の呼び込みや滞在時間の増加を狙う。

 インバウンド(訪日外国人客)誘致の追い風も吹く。北京首都航空はこのほど、中国・杭州と青森、函館両空港を結ぶ定期便の就航を決めた。

海外でも人気が高い北海道と青森を周遊する新たな…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。