街角景気、2カ月ぶり改善も中国減速で力強さ欠く 先行き懸念も根強く (1/2ページ)

2016.1.12 19:31

 内閣府が12日発表した平成27年12月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数が前月比2・6ポイント上昇の48・7と2カ月ぶりに改善した。しかし、指数の水準は好不況の判断の分かれ目となる50を5カ月連続で下回った。年末商戦の好調など改善要因は力強さを欠き、景気の先行きを不安視する声も少なくない。

 基調判断は、中国経済減速による影響が見られるものの「緩やかな回復基調が続いている」との見方を据え置いた。

 内閣府によると現状指数の改善は、暖冬で11月の冬物商戦が落ち込んだ反動による要素が大きい。「景気が良くなってきたのではなく季節要因と判断」(九州の衣料品専門店)との声があったほか、「中国の景気動向が悪く、機械の輸出が悪化している」(北陸の輸送業)など、海外経済の減速を指摘する声もあった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。