インドネシア大統領、AECに自信

2016.1.12 07:25

ジャカルタの建設現場の労働者たち。インドネシア政府は国境を越えた自由競争に備え、インフラ整備に注力する方針だ(AP)

ジャカルタの建設現場の労働者たち。インドネシア政府は国境を越えた自由競争に備え、インフラ整備に注力する方針だ(AP)【拡大】

  • ジャカルタの市場を歩く女性たち。インドネシアはAEC発足で輸入超過に陥るとの懸念が根強い(ブルームバーグ)

 インドネシアのジョコ大統領は、昨年末に発足した東南アジア諸国連合(ASEAN)の経済共同体(AEC)について、国民に自信を持つよう訴えている。同国はシンガポールの日刊紙ストレーツ・タイムズが昨年12月に実施した調査で、AECで生活が良くなると回答した割合が39.8%、ビジネスが良くなると回答した割合も38.6%にとどまるなど、新たな枠組みへの懸念が根強い。

 インドネシア国営アンタラ通信によると、同大統領は域内各国もインドネシア製品の流入を脅威に感じていると強調、「われわれがおびえる必要はない。態勢を整え、改善点があれば改善していくだけ」と述べた。また、インフラが今後の競争の鍵になるとの見解を示し、政府が313兆ルピア(約2兆6290億円)を投じて道路整備などに注力すると言明した。

 さらに、同大統領は「自由貿易に反対があるのは知っている。しかし、参加しなければ、輸出品には15~20%の関税がかけられたままだ」と指摘。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加や、欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)の締結に向けて意欲を示し、国民に支持を呼びかけた。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。