東京株、ようやく下げ止まり 終値496円高、年始続落記録は6営業日でストップ

2016.1.13 15:11

上昇した日経平均株価の終値を示すボード=13日、東京都中央区(長尾みなみ撮影)

上昇した日経平均株価の終値を示すボード=13日、東京都中央区(長尾みなみ撮影)【拡大】

 13日の東京株式市場で、日経平均株価は昨年12月30日以来7営業日ぶりに大幅反発し、終値は前日比496円67銭高の1万7715円63銭だった。平均株価は今月4日の大発会から12日まで6営業日連続で下落し、戦後に東京証券取引所が再開して以降の年始からの続落記録を更新していたが、今年に入ってようやく前日比で上昇に転じた。

 前日の欧米市場で株価が上昇した流れを引き継ぎ、平均株価は前日比230円高で始まった。その後、年始からの世界同時株安で大きな背景となっていた中国の人民元相場や上海株式市場に対する過度な警戒感が和らいだとの見方から投資家心理が改善し、買いの勢いが強まった。上げ幅は一時500円近くに達した。

 平均株価は4日の大発会から6営業日の下げ幅が合計1814円に達していたため、割安感や値頃感が意識された銘柄を買い戻す動きが広がりやすかった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。