北京からの旅客数、天津空港で9割増

2016.1.14 05:00

 天津浜海国際空港(天津空港)で昨年1~11月、国際観光チャーター便を利用した北京市の旅客数は前年同期比95.86%増の66万2000人だった。先ごろ開催された京津冀(北京市、天津市、河北省)民用航空共同発展天津空港キャンペーンで明らかになった。

 天津空港の閻欣・総経理によると、昨年12月までの1年間に北京と天津を結ぶ高速鉄道で天津を訪れ、天津空港から航空機を利用した旅行者は18万人。天津空港は20カ所にシティーエアターミナルがあり、北京、天津、河北のほか遼寧省や山東省からも利用できる。航空機と鉄道の連絡チケットの取り扱い範囲は河北省唐山市や滄州市にまで拡大している。

 中国民用航空局(民航局)が昨年初めに発表した「京津冀空港航空路線・航空便ネットワーク最適化実施方法」に従い、天津空港は航空旅行商品の開発に力を入れている。昨年1~11月の利用客は前年同期比17.6%増の461万人だった。

 民航局華北地区管理局共産党委員会の王瑞萍書記によると、同局は今年、京津冀空港航路ネットワークの研究を深め、最適化計画を打ち出すとともに、各空港の機能と位置付けに基づいて差別化経営を進め、複数空港の共同発展モデルを形成する。

 また、関連する企業が天津空港や石家荘空港(河北省)に航空会社または支社を設立する際には支援を行う。北京首都国際空港と北京市大興区に建設中の首都第2空港(北京新空港)の“2つのハブ空港”の運営モデルの研究を進め、関連部門と連携した空陸連携旅客輸送など、総合的交通モデルを模索する。(中国新聞社)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。