タイの4G争奪戦激化で収益懸念 落札額2件で4953億円に (1/2ページ)

2016.1.14 07:43

タイ・バンコクの携帯端末販売店(ブルームバーグ)

タイ・バンコクの携帯端末販売店(ブルームバーグ)【拡大】

 タイは、第4世代携帯通信サービス(4G)の周波数の割り当てで、2件の落札価格が合わせて1519億5000万バーツ(約4953億5700万円)と予想を大幅に上回った。落札企業の採算性確保を危ぶむ声も広がっている。現地紙バンコク・ポストなどが報じた。

 昨年12月に実施された900メガヘルツ帯2件に対する周波数割り当ての入札は、同国通信3位の地場トゥルー・コープが763億バーツ、4G市場に初参入する地場通信ジャスミン・インターナショナルが756億5000万バーツでそれぞれ落札した。合計1519億5000万バーツに達した落札価格は、周波数の割り当て入札としては世界で最も高額とされる。

 同国は昨年11月にも1800メガヘルツ帯2件の周波数入札を実施しており、タイ通信最大手でシンガポール系のアドバンス・インフォ・サービス(AIS)とトゥルー・コープの2社による落札額は合わせて807億8800万バーツ。一連の4G周波数落札入札額の合計は2327億3800万バーツに達した。

成長が見込まれる同国通信市場で事業拡大を狙う通信各社による…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。