ジャカルタ爆発、年末年始の警戒緩んだ矢先 日本人学校は臨時休校に (1/2ページ)

2016.1.15 10:15

14日、インドネシア・ジャカルタの爆発現場近くの警察官ら(ロイター)

14日、インドネシア・ジャカルタの爆発現場近くの警察官ら(ロイター)【拡大】

  • ジャカルタ市内で群衆に銃を向ける男=14日(新華社=共同)
  • 14日、ジャカルタで起きた爆発現場から運び出される負傷者(新華社=共同)
  • 14日、ジャカルタで起きた爆発現場で警備に当たる警察官(新華社=共同)
  • 14日、インドネシア・ジャカルタの爆発現場で警戒する警察官(ゲッティ=共同)

 インドネシアのジャカルタで起きた爆弾テロは、現地の日本人にも影響を与えた。JICA(国際協力機構)のジャカルタ事務所によると、現場のショッピングモールは比較的古い店舗で、日本人の利用客は多くなく、中心部のなかでは「治安のいいところではない」(荒津有紀次長)。

 インドネシアは「イスラム国」(IS)のテロの標的に上げられ、現地当局は年末年始に街頭の警察官を大幅に増やし警戒を強めていたが、通常の態勢に戻ったばかりだったという。

 荒津次長は「現場近くには、日本人会の事務局が入るビルもある。犯行声明が出ておらず、犯人側の本当の標的が分からないので不安だ」と話した。

 小中学生計1200人以上が通うジャカルタ日本人学校では、爆発の一報を受け、全児童生徒を緊急下校させた。紺谷祥一教頭(47)によると、各家庭に保護者らが迎えるよう連絡し、車やスクールバスで帰宅させた。15日は臨時休校にし、週明け以降については17日に判断する。

現地在住の主婦、安積真紀さん(44)は大使館からのメールなどで…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。