2年連続「全候補が白人」に批判浮上 米アカデミー賞の演技部門

2016.1.19 12:50

映画監督のスパイク・リー氏=2015年12月(AP)

映画監督のスパイク・リー氏=2015年12月(AP)【拡大】

 今年の第88回アカデミー賞候補の演技部門に黒人などマイノリティー(人種的少数派)の俳優が含まれず、2年続けて白人だけとなったことに批判が上がっている。映画監督らからは授賞式ボイコットの動きも出ている。AP通信が18日伝えた。

 米国社会のひずみを黒人の視点から批判し続けてきた映画監督、スパイク・リー氏は、米公民権運動の黒人指導者キング牧師の誕生日にちなむ祝日となる18日、アカデミー賞を「ユリのように白い」と皮肉り、支持できないと強調。授賞式には出席しないと表明した。

 影響力のある黒人運動指導者シャープトン師も声明で、ハリウッドを冠雪したロッキー山脈に例えて「登れば登るほど白さが増していく」と批判。「受賞に値する黒人俳優や監督が再びアカデミーに無視された」と非難した。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。