ミャンマー、住宅開発加速も水供給不能 整備追いつかず (1/2ページ)

2016.1.12 07:00

開発が続くミャンマーの最大都市ヤンゴン。人口増が続き、住宅不足が問題化している(ブルームバーグ)

開発が続くミャンマーの最大都市ヤンゴン。人口増が続き、住宅不足が問題化している(ブルームバーグ)【拡大】

 ミャンマーは、人口の増加が続く最大都市ヤンゴンで低価格住宅の開発が進む一方、水道網の整備が追いつかない事態になっている。同国の建設省は、現在建設中の住宅に入居する10万人への水の供給について、「約束できない」との見解を示した。現地紙ミャンマー・タイムズが報じた。

 同省によると、ヤンゴンの人口は約500万人で、ここ数年は年平均6.6%の勢いで増加が続いている。人口増を受けて一般市民が入手しやすい低価格住宅の不足が表面化したことから、ミャンマー政府は住宅開発に乗り出していた。

 現在、ヤンゴンのダゴンセイカン郡区では18階建ての集合住宅49棟と道路、病院、学校や市場などを建設する計画が進行しており、郡区内の2カ所で1万9600戸が建設中となっている。うち6000戸が今年、1戸当たり6000万~7000万チャット(約540万~630万円)で販売開始になる予定だ。

しかし建設省幹部は、ヤンゴン市当局が必要な水を供給できるようになるには…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。