施政方針演説 「どうにかなる」で国滅ぶ 安倍首相が小栗忠順の言葉引用

2016.1.22 19:52

衆院本会議で施政方針演説をする安倍首相=22日午後

衆院本会議で施政方針演説をする安倍首相=22日午後【拡大】

 「一言を以て国を滅ぼすべきものありや。『どうかなろう』という一言、これなり。幕府が滅亡したるはこの一言なり」-。

 安倍晋三首相は22日の施政方針演説の冒頭で、「どうにかなる」の一言が国を滅ぼすと説いた江戸時代末期の幕臣、小栗忠(ただ)順(まさ)(上野介)の言葉を引用し、懸案に「答えを出す」政治の実現に決意を示した。

 小栗は西洋式軍備の導入などに取り組んだ開明派。首相が引用した言葉には、江戸幕府が開国か攘夷かで小田原評定を続けた結果、滅亡を招いたことへの痛憤が込められている。

 首相は引用に続けて「批判だけに明け暮れて対案を示さず、後はどうにかなるという態度は無責任だ」と指摘し、野党側に建設的な議論を呼びかけた。 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。