ジェットコースター相場の背景 根強い下落懸念…底打ちは時期尚早か (1/2ページ)

2016.1.23 07:04

 年始から急落が続いた日経平均株価が22日、一転して900円超上昇し、まるで「ジェットコースター」のような相場展開となった。

 岡三証券の大場敬史シニアストラテジストは「これまでの下落を主導していたヘッジファンドなどの短期マネーが、いったん買い戻しに動いた」と指摘。野村証券の市場担当者も「投資家が極端な悲観論に傾いて売られ過ぎていた分、金融政策への期待や原油先物反発などを手掛かりとした買いの反動も大きくなった」との見方を示す。

 急騰のきっかけとなった欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁の発言に続き、来週は、米連邦準備制度理事会(FRB)が米連邦公開市場委員会(FOMC)を、日銀が金融政策決定会合を相次いで開く。株式相場の大幅反発は、主要中央銀行の政策対応への期待を示したものだ。ただ、中国経済の減速や原油相場の下落に対する警戒感は依然根強く、金融政策などの行方次第では、再び株価下落が進行する可能性もある。

「もし『ゼロ回答』に終われば失望売りで崩れる恐れがある」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。